• 新着情報
トップページ > 新着情報

新着情報一覧

通達文書の閲覧には
ADOBE READERが必要です。
下のバナーよりダウンロードして下さい。

2019-09-19 「法の日」司法書士による無料の法律・登記相談会を開催します

詳しくは"相談会のご案内"をご覧ください。


2019-08-20 震災・不動産トラブル110番を開催します

詳しくは"相談会のご案内"をご覧ください。


2019-08-13 家族のお悩み相談会を開催します【終了しました】

詳しくは"相談会のご案内"をご覧ください。


2019-07-18 高齢者・障がい者のための成年後見無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは"相談会のご案内"をご覧ください。


2019-07-09 相続・遺言についての法律教室&無料相談会 を開催します【終了しました】

詳しくは”相談会のご案内”をご覧ください。


2019-06-18 24時間 震災問題・借金・生活保護110番 相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2019-04-15 平成28年熊本地震から三年を迎えて

イメージ図


2019-02-26 司法書士による 不動産の賃貸借トラブル 無料なんでも相談会を開催します【終了しました】

詳しくは”相談会のご案内”をご覧ください。


2019-01-29 「相続登記はお済みですか月間」無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-12-28 全国一斉 生活保護110番を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-10-26 「熊本県専門士業団体連絡協議会」合同無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-09-27  「法の日」司法書士による無料の法律・登記相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-09-20 親族後見人の皆様向け 活動支援講座&個別相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-07-31 高齢者・障がい者のための成年後見相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-07-11 24時間 震災問題・借金・生活保護110番 相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-06-08 法務局・司法書士による『九州一斉!相続登記相談会&相続セミナー』を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-04-23 震災&身近な法律問題相談会を開催します【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-04-13 平成28熊本地震から2年を迎えて

イメージ図


2018-04-10 「法テラスの日」無料法律相談会を開催します。【終了しました】

詳しくは“相談会のご案内”をご覧ください。


2018-03-02 「その請求に困ったら司法書士へ」無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会の案内をご覧下さい。


2018-01-26 『全国一斉 生活保護110番』 無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは 相談会のご案内 をご覧ください。


2018-01-18 「相続登記はお済みですか月間」無料相談会を開催します

詳しくは 相談会のご案内 をご覧ください。


2018-01-09 小学校4・5・6年生およびその保護者を対象とした「親子法律教室」を開催します
【終了しました】

イメージ図 小学校4年生・5年生・6年生およびその保護者を対象として「親子法律教室」を開催します。

日時:平成30年1月28日(日) 14:00〜16:00
場所:くまもと森都心プラザ6階 AB会議室

人にはいろんな考え方があります。その一つ一つはとても大切なものです。
当日は、ひとつのテーマをもとにグループ内で話し合い、発表し、人の意見を尊重することの大切さを学びます。

参加無料です。


2017-11-17 <熊本県専門士業団体連絡協議会>無料合同相談会を開催します。【終了しました】


2017-09-22 「相続・成年後見 おはなし&相談会」を開催します【終了しました】


2017-09-22 「法の日」司法書士による無料の法律・登記相談会を開催します【終了しました】


2017-08-15 高齢者・障がい者のための成年後見相談会(無料)を開催します
  【終了しました】


2017-08-15 震災・不動産トラブル110番〜住宅・土地のトラブルに関する無料相談会〜を開催します
  【終了しました】


2017-08-15 当会会員の懲戒処分について


                           当会会員の懲戒処分について

                              2017年8月8日

                              熊本県司法書士会
                              会長 矢野 道弘
 

 平成29年8月1日、熊本県司法書士会会員が熊本地方法務局長から、業務停止
4か月の懲戒処分を受けました。
 この懲戒処分は、同会員が受任したいわゆる過払金返還請求事件において、正当
な理由なく依頼者に対する過払金の清算を遅滞し、受任事務の経過及び結果の報告
を怠ったこと、司法書士が代理できる範囲を超えた和解交渉を債権者との間で行っ
たこと及び当会綱紀調査委員会の調査について正当な理由なくこれを拒否したこと
を処分の理由とされています。
司法書士は、国民の信頼を受けて市民生活の様々な法的事案やトラブルを的確、
適正に処理し、市民の財産の保護、権利の擁護に寄与しているところです。本件
懲戒事案は、常に品位を保持し、公正かつ誠実に業務を行い、国民の権利の保全に
資するべき責務を有する司法書士としての自覚を欠き、国民の司法書士に対する
社会的信用を失墜させる行為であり、誠に遺憾なことであります。
 当会としましては、二度とこのような不祥事が起きぬよう、会員全員が司法書士
業務全般に対してより高い倫理観をもって執務遂行するよう周知徹底をはかり、
適切な指導を行うことで、市民の皆様の権利を保護する法律専門家として、その期待
に応えるべく取り組んでいく所存です。
 なお、懲戒処分に至るまでの経緯は次のとおりです。

1 処分の事実及び理由
当該会員は、複数の依頼者より、過払金返還請求事件を受任して、消費者金融会
社と過払金の返還交渉を行い、過払金を回収した。
消費者金融会社からの過払金の返還は、同会員名義の普通預金口座になされてい
たが、同会員は返還に至るまでの交渉経緯及び返還の事実を依頼者に報告せず、
依頼者の過払金の清算を正当な理由なく遅滞した。
また、一部の消費者金融会社に関しては、司法書士が代理できる範囲(140万
円以下)を超える過払金の返還について、代理人として交渉し和解契約書等を作成
し過払金を自らの預金口座に送金させ受領していた。
 さらに、同会員は、綱紀調査委員会の調査に対して、正当な事由がないにもかか
わらずこれを拒否した。
 同会員のこれらの行為は、司法書士法等に違反し、司法書士に対する社会的信用
を失墜させるものであり、その責任の重大性に鑑み、業務停止処分がされたものである。
2 当会の対応
 平成27年1月12日、当会は綱紀調査委員会に対して、当該会員が受任した過払金
返還請求事件に関する事件の処理状況等について調査を委嘱し、綱紀調査委員会は
同会員に対する調査を行った。
 その後、当会は、綱紀調査委員会から同会員に対する調査結果の報告を受け、量定
意見小理事会を開催し、同会員の非違行為について懲戒処分の量定を審議した。
 そして、平成28年8月15日、当会は、司法書士法第60条に基づき、熊本地方法
務局長に対して、同会員が司法書士法等に違反する行為を行ったことにつき、懲戒処分に
関する量定意見を付して報告した。


2017-08-10 全国一斉養育費相談会を開催します 【終了しました】

詳しくは相談会の案内をご覧下さい。


2017-08-10 24時間 震災問題・借金・生活保護110番を開催します
  【終了しました】

詳しくは相談会の案内をご覧下さい。


2017-07-14 相続・遺言についての法律教室&無料相談会を開催します【終了しました】

イメージ図 詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2017-04-14 平成28年熊本地震から1年を迎えて

イメージ図


2017-01-24 「相続登記はお済みですか月間」無料相談会を開催します【終了致しました】

詳しくは相談会の案内をご覧下さい。


2016-12-01 生活保護相談会を開催します【終了致しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2016-11-29 小学校4・5・6年生およびその保護者を対象とした親子法律教室を開催します【平成29年1月29日(日)(終了致しました)】

イメージ図 小学校4年生・5年生・6年生およびその保護者を対象として「親子法律教室」を開催します。 日時:平成29年1月29日(日) 14:00〜16:00  くまもと森都心プラザ6階 AB会議室 人にはいろんな考え方があります。その一つ一つはとても大切なものです。 当日は、ひとつのテーマをもとにグループ内で話し合い、発表し、人の意見を尊重することの大切さを学びます。 参加無料です。


2016-10-26 熊本県専門士業団体連絡協議会による無料合同相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をごらん下さい


2016-09-21 「法の日」登記・法律無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2016-05-23 熊本地震の被災者支援のための無料相談を各地にて開催しています


2016-05-13 震災お困りごと夜間無料相談会を開催しています【毎週月曜日と木曜日18時から21時まで】

詳しくは相談会のご案内をごらん下さい。


2016-05-06 九州全県司法書士による熊本地震無料電話相談を開設します【平成28年5月9日(月)開設】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2016-04-20 平成28年(2016年)熊本地震について

熊本県司法書士会では、一連の「熊本震災」の発生を受けて、災害対策実施本部を設置しました。被害に遭われた方々に寄り添い一つ一つ不安を解消していくことを目的として、今後相談会の開催や相談員の派遣等の支援事業を行っていきます。
 ご要望やご質問がある場合は、熊本県司法書士会事務局(TEL:096-364-2889)までお問い合わせください。


2016-04-14 「法テラスの日」記念無料法律相談会を開催します【今年度は終了しました】

詳しくは相談会のご案内を御覧下さい


2016-02-17 宇城市と空家等の対策に関する協定を締結しました

イメージ図 熊本県司法書士会と宇城市は、空家等の対策に関する協定を締結しました。

平成28年2月12日に調印式を行いました。県内初の協定締結です。

  http://www.city.uki.kumamoto.jp/q/aview/1/10090.html

本協定は、相互に連携・協力をし、宇城市内の空家等に関し、空家等対策の推進に関する特別措置法に定める施策を進めることにより、地域住民の生活環境を改善し、公共の福祉の増進と地域の振興に寄与し、もって地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを推進することを目的としています。

 当会は、宇城市の主催する空家等対策に関する相談会への会員派遣や次に掲げる宇城市からの相談等に応じて参ります。

(1) 空家等、特定空家等の所有者の相続登記に関すること。
(2) 空家等、特定空家等の管理、処分手続に関すること。
(3) 空家等、特定空家等の相続等の前提となる裁判手続に関すること。
(4) 空家等、特定空家等の対策に関すること。
(5) その他空家等、特定空家等の対策に附帯関連すること。


2016-01-22 小学校4、5年生を対象とした「親子法律教室」を開催します【今年度は終了しました】

イメージ図 申込期限を過ぎましたが、定員に余裕があるため引き続き参加者を募集しています。 小学校4年生・5年生およびその保護者を対象として「親子法律教室」を開催します。

日時:平成28年3月27日(日) 14:00〜16:00  くまもと県民交流館パレア(鶴屋東館9階)会議室1
人にはいろんな考え方があります。その一つ一つはとても大切なものです。
当日は、ひとつのテーマをもとにグループ内で話し合い、発表し、人の意見を尊重することの大切さを学びます。
参加無料です。


2016-01-15 「相続登記はお済みですか月間」無料相談会を開催します【今年度は終了しました】

詳しくは相談会のご案内をごらんください


2016-01-15 経済的困窮者の方々のための無料法律相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2016-01-15 「法律扶助の日」記念 無料法律相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-12-15 緊急! 年末労働トラブル110番を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-11-06 相続・遺言の法律教室&無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-10-21 熊本県専門士業団体連絡協議会による無料合同相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-10-05 法律扶助制度を利用した無料法律相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-09-11 「法の日」登記・法律無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をごらんください


2015-07-22 高齢者・障がい者のための成年後見無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは「相談会のご案内」をご覧ください。


2015-07-13 熊本県青年司法書士会による『24時間借金・生活保護110番』を開催します【終了しました】


2015-06-22 不動産トラブル110番を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-04-08 「法テラスの日」記念イベント無料法律相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内を御覧下さい。


2015-02-27 経済的困窮者の方々のための無料法律相談会を開催します。【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をごらんください。


2015-02-12 「返済に困ったまず司法書士に相談!」無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2015-01-14 「相続登記はお済みですか月間無料相談会」を開催します。【今年度は終了しました】

くわしくは相談会のご案内をご覧ください


2014-11-13 会社・法人の登記相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2014-10-31 熊本県専門士業団体連絡協議会による無料合同相談会を開催します。【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください。


2014-10-15 司法書士による「相続・遺言の法律教室&無料相談会」を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧下さい


2014-09-26 法律扶助制度を利用した無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2014-09-09 当会元会員の懲戒処分について

                              当会元会員の懲戒処分について


                                     2014年9月9日
                                    熊本県司法書士会
                                   会長  矢野 道弘

 平成26年8月28日、熊本県司法書士会元会員が熊本地方法務局長から業務禁止の懲戒処分を受けま
した。
 この懲戒処分は、同会員が平成24年1月13日から2年間の業務停止の懲戒処分を受けたことにより、
業務を遂行することができなくなったにもかかわらず、受任事件を終了・清算し他の司法書士へ引き継ぐ
などの適切な措置を行わないまま、預かった着手金や関係書類も返還せず、当会綱紀委員会及び熊本地方
法務局の調査についても正当な理由なくこれを拒否したことによるものです。
 なお、同会員は、平成26年2月10日に当会に対して業務廃止を届け出ています。
 司法書士は、国民の信頼を受けて市民生活の様々な法的事案やトラブルを的確、適正に処理し、市民の
財産の保護、権利の擁護に寄与しているところです。本件懲戒事案は、常に品位を保持し、公正かつ誠実
に業務を行い、国民の権利の保全に資するべき責務を有する司法書士としての自覚を欠き、国民の司法書
士に対する社会的信用を失墜させる行為であり、誠に遺憾なことであります。
 当会としましては、二度とこのような不祥事が起きぬよう、会員全員が司法書士業務全般に対してより
高い倫理観をもって執務遂行するよう適切な指導を行うとともに周知徹底をはかり、市民の皆様の権利を
保護する法律専門家としての自覚をもち、その期待に応えられるよう取り組んでいく所存です。

 なお、懲戒処分に至るまでの経緯は次のとおりです。

1 処分の事実及び理由
  平成24年1月13日、当該会員は「戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書」を不正に使用し他人
の戸籍謄本及び住民票の写しを取得したとして、2年間の業務停止の処分を受けた。
  この処分を受けて、既に受任していた事件については速やかに手続終了と清算事務を行うとともに、
他の司法書士に引き継ぐなどの措置を講じる必要があったにもかかわらず、当該会員はこれを怠り、依頼
者から預かっていた書類や着手金につき、預かった状態で放置した。
  また、当該会員は、当会綱紀委員会並びに熊本地方法務局の調査に対して、正当な事由がないにもか
かわらずこれを拒否した。
  当該会員のこれらの行為は、司法書士法等に違反し、司法書士に対する社会的信用を失墜させるもの
であり、その責任の重大性に鑑み、最も重い業務禁止処分がされたものである。

2 当会の対応
  平成24年1月13日の業務停止の処分後、当会に対し、当該会員の債務整理事件について複数の問
い合わせがあり、受任事件の手続終了及び清算、並びに他の司法書士等への引継等を速やかに行うよう当
該会員に指導した。
  ところが、平成25年6月、当会は債務整理事件の相手方から、当該会員の受任事件に関する進行等
について問い合わせを受けた。そのため、当会は、当該会員に対して、重ねて受任事件の終了並びに引継
等を速やかに行うことを通告し、加えて受任事件の一覧表を当会に提出することを求めた。当会としては、
同年9月まで複数回にわたり繰り返し文書を送付して指導及び書面の提出を督促したが、当該会員から受
任事件の一覧表の提出はなかった。
  平成25年10月4日、当会は当会綱紀委員会に対して、当該会員の業務遂行途中であった全受任事
件に関する対応等について調査を委嘱し、綱紀委員会は調査に着手したが、当該会員は調査を拒否した。
  平成25年12月27日、当会は、司法書士法第60条に基づき、熊本地方法務局長に対して、当該
会員が司法書士法等に違反する行為を行ったことを報告したうえで、平成26年2月より熊本県警に対し、
当該会員の行為が刑法第253条(業務上横領罪)に該当するおそれがあるとして刑事告発手続を開始し
た。なお、当該刑事告発手続については、平成26年8月13日に正式に熊本県氷川警察署にて受理され
ている。


2014-09-02 「法の日」登記・法律無料相談会【今年度は終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2014-08-19 高齢者・障がい者のための成年後見無料相談会を開催します【今年度は終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2014-06-16 貸金業法規制緩和に反対する会長声明

         貸金業法規制緩和に反対する会長声明

                        平成26年6月16日
                         熊本県司法書士会
                                会長 矢 野 道 弘
 報道等によると、自民党は財務金融部会に小委員会を設置し、貸金業を新たに認可制度とし、認可業者の
金利規制を現行の年20%から年29.2%に引き上げ、カウンセリング制度を強化する代わりに借入総額
を年収の3分の1とした総量規制を緩和する方向での規制緩和を検討しているとのことである。
 現行の貸金業法は、平成18年12月当時の自民党政権下において、与野党全会一致で改正された法律で
あり、当時深刻な社会問題となっていた多重債務問題は、改正貸金業法を受けて策定された「多重債務問題
改善プログラム」による官民を挙げた取り組みによって大幅に減少し、着実に成果を上げている。熊本県に
おいても経済的理由を原因とする自殺者数は、平成20年に129名だったものが、平成25年には60名へ
と減少している。また、当会において継続的に開設されている多重債務問題の無料相談窓口の一つである
「クレ・サラ110番」(毎週月曜日・木曜日)における年間相談件数の推移を見ても、平成17年度953件、
平成18年度1142件、平成19年度1187件、平成20年度1211件と増加傾向にあったものが、
平成21年度の改正貸金業法の第3次施行の後減少に転じている。その後、過剰貸付に係る規制を強化した
第5次施行後においては、平成22年度612件、平成23年度319件と顕著な減少傾向を示している。
 今回の規制緩和について、自民党の一部議員は「無担保での短期、小口の資金需要に応えるためにはリス
クを利息でカバーするしかない」と論じているが、仮に短期小口資金の需要を持つ資金需要者を保護する必
要があるならば、高利による貸付並びに総量のない貸付に頼るのではなく、そのような資金需要者が安心し
て利用できるセーフティーネット貸付の充実こそ最善の策であって、高金利の貸金業者の利用を安易に促す
ようなことがあってならない。
 そもそも、現行の利息制限法の上限利率ですら、現在の経済状況からしてなお高利であり、利息制限法自
体の引き下げが求められている。
 しかし、今般の規制緩和が行われると、貸金業法改正前に問題となっていた、経済的理由を原因とする自
殺者の増加や、強盗・窃盗などの重大事件の再度の増加が懸念される。
 現在検討されている貸金業法の再改正は、一部貸金業者の利益の増大に資するものの、資金需要者の視点
が欠落しており、多重債務問題を解決していこうとするこれまでの国民全体の努力を無にするものである。
 当会は、これまで市民の権利擁護の立場から多重債務問題を撲滅すべく、県内の自治体あるいは関係諸団
体と連携しながら各種救済支援活動に取り組んできた。再び多重債務による自殺や重大事件の増加等の悲惨
な状況を生む懸念のある今回の貸金業法の規制緩和に対し、断固として反対をする。


2014-06-16 不動産トラブル110番〜住宅・土地のトラブルに関する無料相談会〜を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内を御覧ください


2014-03-19 経済的困窮者の方々のための無料法律相談会を開催します。   

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2014-01-08 「相続登記はお済みですか月間」無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2013-11-21 熊本県専門士業団体連絡協議会による無料合同相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をごらんください。


2013-10-10 法律扶助制度を利用した無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください。


2013-09-03 『司法書士による無料の法律・登記相談会』を開催します【終了しました】


2013-08-29 高齢者・障がい者のための法律・福祉無料相談会を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください


2013-08-09 全国一斉生活保護110番を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください。


2013-07-31 不動産トラブル110番を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください。


2013-07-01 24時間クレサラ・生活保護110番無料相談会を開催します【今年度は終了しました】

イメージ図 詳しくは相談会のご案内をご覧ください。


2013-05-28 熊本県内一斉消費者トラブル110番を開催します【終了しました】

詳しくは相談会のご案内をご覧ください。


2013-05-24 生活保護の利用を妨げる「生活保護法の一部を改正する法律案」の廃案を求める会長声明

                                         平成25年 5月23日

       生活保護の利用を妨げる「生活保護法の一部を改正する法律案」の廃案を
                     求める会長声明

                                       熊本県司法書士会
                                       会長 矢 野 道 弘
  
  熊本県司法書士会(以下「本会」という。)は、日頃より生活保護相談会の開催や会員が生活
 保護申請手続等に個別同行するなど、生活困窮者の支援を行っている。
  今般の「生活保護法の一部を改正する法律案」につき、次の通り声明を発表する。

                          声明の趣旨

      生活保護の利用を妨げる「生活保護法の一部を改正する法律案」の廃案を強く求める。

                           理由

1 違法な「水際作戦」合法化への懸念(改正法案24条1項2項)
  現行の生活保護法では、保護の申請は、書面による要式行為を求めておらず、かつ、申請時に保護の要
否判定に必要な書類の提出も申請の要件としていない。申請の意思が客観的に明白であれば口頭による申
請も有効であるというのが確立した裁判例(平成13年10月19日大阪高裁生活保護決定処分取消等請求控
訴事件等)である。  
 実際の実務運用においては、要保護者が生活保護の申請意思を表明しても申請書を交付せず、疎明資料
の提出を求めて申請を受理しない事例が少なからず見受けられたが、これらの行為は、申請権を侵害する違
法な「水際作戦」と評価され、数々の裁判例においても違法とされてきた。
 これに対し、改正法案24条1項は、「要保護者の氏名及び住所」等だけでなく、「要保護者の資産及び収入
の状況」のほか「厚生労働省で定める事項」を記載した申請書を提出しなければならないとし、同条2項は、
申請書には要否判定に必要な書類を添付しなければならないとしている。  
 改正法案24条1項及び2項が成立すると、必要とされる事項をすべて記載するとともに、必要と<される書類
をすべて提出しない限り、申請を受理しないとすることが合法となる。
これは、これまで違法であった「水際作戦」を合法化することと同義であり、生活保護を必要とする多くの
生活困窮者を申請の段階で締め出す結果となる。

2 申請意思の委縮(改正法案24条8項)
  改正法案24条8項では、保護の実施機関に対し、保護の決定をしようとするときは、あらかじめ扶養
義務者に対して、厚生労働省令で定める事項を通知しなければならないとされている。   
現行法下においても、保護開始申請を行おうとする要保護者が、扶養義務者への通知によって生じる
親族間の軋轢やスティグマを恐れて申請を断念する場面は少なくない。   
このように扶養義務者への通知には、要保護者の申請意思に対する委縮効果があり、改正案により、
より一層この委縮効果が大きくなることは容易に想像できる。

3 扶養義務の事実上の要件化(改正法案28条2項、29条)   
現行の生活保護法は、扶養義務者の扶養は保護の要件とはせず、単に優先関係にあるものとして、
現に扶養がなされた場合に収入認定してその分の保護費を減額するにとどめている。   
しかし、改正法案28条2項は、保護の実施機関が、要保護者の扶養義務者その他の同居の親族等
に対して申請書及びその添付書類の内容について報告を求めることができると規定し、さらに改正法案
29条1項では、生活保護を申請する「要保護者の扶養義務者」だけでなく過去に生活保護を利用して
いた「被保護者であった者の扶養義務者」について、「官公署、日本年金機構若しくは共催組合等に対
し、必要な書類の閲覧若しくは資料の提出を求め、又は、銀行、信託会社、雇主その他の関係人に、報
告を求めることができる」と規定している。   
 つまり、生活保護を利用しようとする者や過去に利用していた者の扶養義務者は、その収入や資産
の状況について報告を求められ、官公署、年金機構、銀行等を調査され、さらには勤務先にまで照会さ
れることになる。   
扶養義務関係にある親、子、兄弟姉妹の親族が生活保護を利用すれば、その扶養義務者は、生涯、
その収入や資産の状況について調査にさらされることになる。扶養義務者としては、そのような事態を
避けるために、無理をして扶養しようとするか、保護の申請を行った本人に申請を取り下げるよう働き
かけることは容易に想像でき、このことは扶養を事実上の保護要件としているのと同じことになる。

4 以上の理由により、本改正案が成立すれば、要保護者が生活保護申請を選択せず、自死を選択する
危険が増してしまうことが懸念される。
 
本会は、国民の権利の保護に寄与することを目的とする司法書士の団体として、このような危険な生
活保護法の改正案に対しては、強く反対し廃案を求めるものである。


2013-04-17 家事問題相談会を開催します【終了しました】

イメージ図


2013-04-08 法テラスの日記念 無料相談会を開催します(終了しました)

イメージ図


2013-04-05 ヤミ金融・偽装質屋トラブル無料相談会を開催します。(終了しました)

イメージ図


2012-08-21 貸金業法の改悪に反対する会長声明を掲載しました

貸金業法の改悪に反対する会長声明
                                    2012年8月21日
                                   熊本県司法書士会
                                   会長 松本 和雄


                     会 長 声 明

 現在、「利息制限法及び出資法の上限金利の緩和」「総量規制の撤廃」を骨子とする
貸金業法・利息制限法の再改正を図ろうとする動きがある。すでに自民党「小口金融に
関する小委員会」が改正案をとりまとめ、民主党内でも、「財務金融部門改正貸金業法検討
ワーキングチーム」が制度見直しに向けた中間整理案をまとめ、「中小・零細事業者向けの
短期貸し付けの上限金利を現行の15〜20%から引き上げ」「総量規制の撤廃」の
方向で検討に入っている。
 この再改正の主な論拠とされているヤミ金融被害の増加につき、警察庁ホームページの
公表データによれば増加した事実はなく、被害者数はむしろ減少傾向にある。
また、個人事業者の資金需要についても現行の貸金業法において総量規制の例外規定があり、
個人事業主においては、返済能力の範囲で総量規制を上回る借入れが可能である。
したがって、現行の貸金業法は順調に多重債務問題解決の成果を上げている。
 平成18年12月13日に成立した改正貸金業法が平成22年6月18日に完全施行され、
出資法の上限金利の引き下げや総量規制(年収の3分の1以上の貸付の禁止)、
みなし弁済制度の廃止等が実現した。これらの改正により、貸金業者5件以上より
借入がある債務者は約171万人(平成19年3月末)から約44万人(平成24年3月末)
へ激減し、自己破産件数は平成15年の約24万件をピークに平成23年は約10万件へと減少した。
さらに、多重債務を原因とする自殺者数も1973人(平成19年)から998人(平成23年度)
に減少するなど、同改正が多重債務問題対策に著しい効果をもたらしたことは明らかである。
 しかしながら、現在進められている再改正の動きは、多重債務問題の解決を目指して改正された
現行の貸金業法の主旨を骨抜きにするものであり、看過することはできない。その方向性は、
貸金業界の利潤増大を第一に考えたものであり、国民全体にとって長年の課題である多重債務問題の
解決とは逆行するものである。よって、当会は「利息制限法及び出資法の上限金利の緩和」及び
「総量規制の撤廃」を柱とする貸金業法の目的を後退させるような再改正には断固反対する。


2012-07-24 高齢者・障害者のための成年後見相談会を開催します〔9月15日(土)〕(終了しました)

詳しくは「相談会のご案内」をご覧下さい



熊本県司法書士会 〒862-0971 熊本市中央区大江4丁目4−34
tel 096-364-2889 fax 096-363-1359